【神喰い】 春眠とかじゃなくて普通に寝不足なんだz

はいどぅも

最近寝不足が続いてますけど
きっと気のせいって事にしておこう

さてっ

R-1グランプリ

あべ こうじ さん

8年掛けて悲願の初優勝
おめでたぅございました

エハラ君…
何でファイナルのネタチョイスミスってるかなぁ
勿体無い…

なだぎさん…
何か惰性感が見えるのは気のせいでしたか?

まぁ途中ゲストの陣内さんのコメントにもありましたが

板尾…君なんでその席に座ってるんだ…
変な採点しやがって…

君の存在が荒らし捲くってると気がつけよ…

って話しは置いといて

今回も【神喰い】ネタで更新しまーす

現在進行形な話しをするには
まだまだ語りきれていない
myメモリー

今現在に至るまで、2回程心が折れかけたミッションが存在しておりますた

今回は、その中の1個にまつわるお話ですよ
前回話題に上げた、難易度4の『ヘマタイトローズ』をクリアすると
難易度5に進みます

まぁ1発目からローズ並なミッションを進行するハメにあうのですが
もはや何の気にもならなかった

「 あぁ きつい きつい 」

と、軽く流せるぐらい
肝は座ってます

もはや頭の中は難易度5の後半にあるミッション

『スイートホーム』

さえクリアしたらバレットエディットの項目が増える事でイッパイでした

が…

ソレは難易度5の前半に設置されていた…

『 ピルグリム 』

説明文を読めば

ちょっと早い御猿さんをやっつけるミッションだった

「何故今更…ん?」

複数…?家族…?

そんな説明文が付いていた

[御猿さん]
正式名称:コンゴウ
 特徴 :早い・模索範囲広い・柔らかい・解り易い・攻撃範囲は比較的狭い

ぶっちゃげて言えば通常種となれば
体力と攻撃力が高く図体が大きいだけの雑魚に近い存在

「まぁ5に入ったばっかりやし、問題なかろ」

そんな軽い気持ちで挑みつつも
回復セットはフルに持ち込んでいた

そして始まる…

開始30秒でミニマップの敵のアイコンの数に違和感を覚える…

「4個光ってるんですけど…」

目の前に繰り広げられる
NPCの亡骸の山

そしてろくに背景すら見えないぐらいに埋まる
でかいサルの塊

「ちょwまっwww」

頭が追いつく間も無く
1回目の全滅の洗礼を受ける

このゲーム全滅しちゃうと
プレイヤーだけスタート地点からリスタートして
NPCは死体のまま再開される

まぁ平たく言えばソロスタートな状態から始まる

安置ゲートから出る前に少し考える

「何とか分別隔離できないものか…」

お寺MAPは比較的狭く
動き回る御猿さんにとっては
とても都合の良いMAP

「厳しいが…複数に見つかる前に1体でも処分できれば違うだわさ」
「NPCは他を呼び込み兼ねないので放置だ」

って事で挑戦

が…

随分とアッサリ全員集合

そして袋叩きに合い

見事にスタートゲート前に戻される

「詰んでね?コレ詰んでんじゃね…?」

むしろミッションの順番の設定ミスとしか思えなかった
バレットエディットの項目が増えた状態で
強力な弾を作ってから挑めれば、楽に処理できたはずだと
ブツブツ小言を言うしかなかった…

まぁ後1回死ねば終わっちゃう訳だ

ことごとく作戦は失敗に終わってる訳だ

もぅここは

「ホップ・ステップ・玉砕であります」

って気分で突っ込む

が…

無理な事に気が付き逃げ惑う

「助けてママン…」

すると
ある法則に気が付く…

「ん?こやつ等さっきからチョイチョイ止まってないか…?」

走る>向きを変える>そして走る

「ほほぅ…方向転換するのに止まるのねぃ」

幸いにも持ってきていたバレットは爆破系
爆破系なら単体でなく、爆破範囲内であれば
複数に攻撃可能なのである

ここで説明しておかねばなるまい
このゲーム、バレット(銃弾の事)の数に制限は無く
無限大に打つ事が出来る
その代わり、オラクルゲージと呼ばれるゲージを消費する事になるが
オラクルゲージは近接武器で敵を斬れば回復していくシステムなのである
オラクルの消費量はバレットによって異なるが
高コストでもダメージが割りに合ってれば
まぁ問題無い感じであり
ゲージを回復するアイテムも存在している

って事で、ぐるぐる回り全員集める

そして走る>方向転換する>止まっている所に爆破系打ち込む>そして走る

そんな事を繰り返しつつ

走る>アイテム飲む>走る>打つ>走る>アイテム飲む>走る>打つ

ドーピングしまくり

走る>1・2回斬る>走る>1・2回斬る>走る>1・2回斬る>走る>打つ

地道な作業を行い

敵も弱ってきたら、戦線離脱して御食事タイムに入ります

気が付けば何匹か逃げており
残っているのは2匹

「さぁて…おしおきの時間ですよ…」

他の猿供が戻ってくる前に1匹でも処理する
そんな勢いで逃がす間もなくぶった切る

勢いあまって2匹供処理完了

「フハハハハハハハハハh・・・・」

「さぁて、調理の始まりですよぉ」

2匹程度なら何てこと無い御猿さん
ありとあらゆる残虐の限りを尽くして処理して
タイムオーバーぎりぎりでクリア

結局開始30秒からNPCは死体のままだったという

いやはや…
ほんと途中心が折れかけてましたが
安○先生が頭に浮かびまして…

『諦めたら、そこで試合終了だよ』

名言ですねぇ

まぁこのミッション
2度とやりたくないんですけどね

ここで、誰かさんが言っていたセリフを使おうか悩んだんですが
使ったら変な空気になりそうなので…
(ヒント:タ○ガー&ホー○なんだぜ)

ですが、これを体験したお陰かどうか
常に全体を見れる様にはなりましたけどね

他2度とやりたくないミッションもありましたが
最近、自分の身の回りの仲間内範囲内だけでばありますが
何か浮いてる動きをしている私が居る…

って事で今回はこの辺で~

シーユー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です