【ToS】 あくまで私はWizがメインです 【クレ記事ばかり続いてます】

まいどさん

急に秋になったなぁ…って思う今日この頃
真夏日ばかりだったのに急に20度前後の気温とか体が追いつきません
今年の冬は異常気象に充てられそうで怖いですね…

 
って事で後半へ…
 
 
 
■ 精神ジロ辞めました ■

多少防具投資しましたが、ちょっとお試しでステリセしてやってみたところ
本腰入れて装備見直さないと微妙に終る事が判明

精神OPと敏捷OPが付いた防具を本気で揃える必要性があるのと
武器も見直す必要性有り

要するに総換えになる話で…
経済的に言って無理

まぁそれでもレイドに行ってメイスレシピでも引けば考えようかとも思って
数週行ってみたものの、見事に粉とレザーグローブレシピを引くという

「いいからクリ型で待っとけks」

と言われた様なもの

後、ビルド的な話も付いてくるしね
精神ジロならば追加ダメージ系がソースになる為
プリチャプ通してライツやゲルムでも底上げしたくなるし
EFスクとマシオニメイスで追加ダメージマシマシにしたいと考えてしまいます

今完全に脳筋クリ型撲殺ビルドなので
そこから見直ししていないとやるだけ無駄になる気がしました

なので精神ジロへの移行は現状保留と言いますか
果てしなく辞めたに近い話で終了で御座います

■ 育成終わったら ■

今育成しているプレドクが終わったら既存キャラ達のステポイントクエスト消化ツアーとか
そういうのやらないとアカンなぁって実感

この度、割と真面目にクエ込み育成を行ってみたのですが
やっぱりステポイントクエは影響が大きいですね

過去真面目にやったキャラとか、R7時代に作って活動していた3キャラぐらいで
それ以外は完全にIDや狩り育成だった事もありケミマス拉致られたままとかがデフォである

約40Pぐらい差が出るし手が空くならやっておかないとねぇ

■ サドドクの感想 ■

ウィズクレばかりなのですが、如何に休止が多い自分でも
チームレベル67だったか68ぐらいのキャラ数を保持してる自分

そんな中、過去ドクビルドの王道とも呼ばれた型の一つであるサドドクに関しては
この度作るまで全くのノータッチで御座いました

というのもドクビルドクレとしては
ボコドクを保有していた為、態々他で用意しようとは思っていなかった事と
シナジ味マニアな自分が思うにサドとドクの関連性に何のシナジ味も見受けられなかったので
選択肢の中に存在しなかった訳です

では『何故、この度サドドクを用意しようと思ったのか?』についてですが

こちらについては至って簡単な話でして
数点の動機が挙げられます
①エクソビルドでボコを使ったから
②ビルリセでエクソにキャラ数を消費した事によってドク3ビルドクレが居なくなったから
③成長点数稼ぐ為にサドゥを経由したビルドが居なかったので丁度良かった
④ボコドクとサドドクの使い勝手の差には前々から興味があった
と、ザックリこんな感じ

育成も進み355まで上がりクラスも11まで上がってきて
特性もそこそこ上げれたので
いよいよチャレやソロ狩りでの使用感比較テストを行うに至った訳です

【 率直な感想 】
ボコドクよりも適応能力が高く攻撃手段も多くスキルコンボにも無駄が少なくて済む
デメリットはボコC1な事によりヘキシングのMobのMdefカット分が大幅にダウンしてるところと
サムディが取れないので移動速度に不便を感じる程度で
ボコドクのエフェジーコンボも出来るしインシネ散布でもパンデミは活用出来るのは残ったままで
スチームやインシネDOT削りやりつつ、ポゼッションで足止めしながらダメージを与える事が可能だし
エクスプロージョンで割合大きなダメージと追加DOTダメージが取れる
トランスミットで味方フォローも可能なところも大きい

ボコドクだとMdefぶち抜きメインでパンデミタイム以外でやれる事が少ないのが欠点だったけども
ドクをC2に抑えてドルを入れて手数を増やすという手段を取っていたのですが
それはそれでインシネの感染を失った分だけ削り能力が減っていた訳で
そういったストレスも無くなっているところがサドドクの旨味だと思います

まぁボコドクでもボコC2で他経由させて手数や支援の手段を増やす手も有りますが

※ 例 ※
クレC2>ボコC2>ルビC1>巫女C1>ドクC3
ルビ入れて固定狩り時のCD緩和でパンデミの回転数を上げるのと
ルビとシナジ味が出せた上に手数が増える巫女と組ませれば動きの無駄が減るスタイル

と、まぁ一例ですけども
それでもドクC3ビルドの中ではサドドクは
火力・手数・支援のバランス込みで頭一つ出てる性能だったんだと思えたのが
サドドクを使った感想でした

TheドクC3のテンプレって感じですね
《クレC2>ボコC1>サドC3>ドクC3》

● 使える攻撃手段一例 ●
①ヘキシング>インシネ>パンデミ>エフェジ×3>ポゼッション
②アウトボディ>エクスプロージョン>ペスト>インシネ
③アウトボディ>エクスプロージョン>敵と対角線上に走り>プラクリティ(※タゲまとめ行動)
スキルパターンの合間にマイト・ヒール・ゾンビフィ・トランスミット等の行動を混ぜる

って事で今回ココまで

シーユー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です