【ToS】 ルンキャスそれぞれ 【ムービーの悪夢】

 まいど

久々に晴れた
天気予報だと今日だけ晴れて
明日からまた雨だそうです

今年の梅雨は随分と梅雨らしくなかったけども
ここにきて取り戻しですかな?
体ダルくなるので辞めてほしい

って事で後半へ
 
 
 
■1stさん

地獄のライン抜けて初の190IDに参加してみた
まとめて釣ってドーンな狩り形式を取ってらっしゃる
【破壊のルーン】が役に立つ瞬間である

こういうプレイをしていると
過去クリオ3で【フロストピラー】からのコンボがイイと
そういう事を言って、『他は知らん』的な事を書いてらした方がいましたが
完全に恵まれた環境なら可能でしょうねぇ…と
書かれていた事に関して納得な体験をした

それでも流れ弾被弾があるので
やっぱ最低限【シュアスペル】はあった方がいいよ
と、そんな事を思った190IDでした

最近よく聞く
『失敗しないルンキャスのスキル振り』について
まぁ…その…失敗したくなければ…

『そもそもルンキャス選択しない方がイイよ…』

と、元も子もない事を伝えてしまいそうな…
まず、ソロでルンキャススキルを使う機会は
ほぼほぼ無い
貧乏性なのか謎ですが
まず無い

デラ堅いMobに出くわした場合
【アイスボルト】で凍らせた後に破壊とかやりたくなるが
得てしてIWプレッシャーかプレッシャー単品で何とか終わらせるので
やっぱりやらないルンキャススキル

IDとか入ると流石に使うが
1番語られるであろう【氷のルーン】はボス部屋の前で使って
IW置いてプレッシャーやったら、大体終わってるので
果たして自分の火力で早く終わったのかどうか不安になるぐらいの
シュールな体験を味わう
【クイックキャスト】切れていて詠唱始めた場合
着いた頃には終わってるんじゃないかと不安にもなる

移動先である程度まとめて倒す狩り形式の場合
破壊は強烈に使える
ジョペナ無しPTでもジョイペナ有りぐらいの殲滅速度を出せるが
CDの関係上2狩りに1回のペースでしか使えないので
破壊を使った次の殲滅はIWプレッシャーにしたり
悲しみの【正義のルーン】を使って即マジミサで対応する感じですね

そうこの【正義のルーン】は確かに微妙
威力も中途半端で一直線なので使い勝手が悪いのだが
下手な攻撃スキルより強いのは確かな訳です…
後…CDが『他ルーンより短いから手軽に使えそう』
あくまで『使えそう』
4か5は振らないとマジミサ以下に見えてしまうのも
大きな欠点

【保護のルーン】に関しては
アルメデPT狩りとかになると『無いよりマシ』らしいが
やっぱPvとかが盛んになってからが真意を問われるんじゃないだろうか?
狩りメインでの活動ですと、あんまり考えなくていいかも?
アルメデでは本当に『あったら便利』だそうです
ヒラで事足りると言われれば、それまでです

で【巨人のルーン】
こちら未知数
まだ取ってもないし取るかどうか悩むルーン
使い勝手が悪い上段バフな事も悩みの種
スキル規制が入る為、スーパーマ○オ化して踏むぐらいしか
あんまり使えそうにないルーン
大道芸?
まぁ釣りに徹するのはいいかも知れないが
MAXで2分30秒持続でCD5分
スキルポイントに余裕が無いのがルンキャスさん
正義・保護を切った場合やクリオ系抜きなら氷を切る事も可能
それならこの巨人を取る選択もあるだろうが
氷切るとか…現段階の仕様だと

「なら何故ルンキャス選んだのか?」

とツッコミ入れられそうな事受け合い
下バフなら釣りに掛けて行ってらっしゃいとか気軽に出来るのだが
上バフってのが、そもそもの使い勝手の悪さを飛躍的に上げている

要するに微妙という御話になる

これを見て解るように
『結局どれも微妙』って事

《破壊》
高火力で拡散するメテオだけど詠唱とCD微妙

《氷》
瞬間火力は爆発的だけど使えるシーンが極僅かで
折角準備してIW置いて『いざっ』って時に吹き飛ばされて終了とかあるので微妙

《正義》
その軌道が直線的で横幅が広い訳でもなく
高火力出そうと思うとMAX推奨で3程度だと
マジミサ直撃以下な火力にしか見えない
勿論ルーン特有の詠唱が付いてるため
詠唱が終わった頃には、そんなに敵が残っていないのも微妙な理由の一つ

《保護》
高レベル狩り場の耐性に活用できるけども
ヒラがしっかりしてれば、ぶっちゃげ要らない
正直Pvとかのシステムが確立されてきて状態異常耐性が重要視されない限り
あんまり活用するところが今のところ無い
先取りで取るか?と言われると微妙なライン

《巨人》
踏んで遊ぶだけなら1で30秒間のマ○オでいい
釣りへのバフならMAXで釣ってきてほしいが
巨人化させて【スワッシュ】が使えるのかは謎
使えないのなら正直大道芸で終わるスキル
マ○オ中はスター化気分を味わえるらしいが…
聞いてるだけだと微妙でスキルポイント振るには勇気が必要

『ルンキャススキルは振るなら何ポイント振るのか?』

《破壊》
ほぼMAXがいいと思う、打つなら一撃必殺が理想
用途が用途だけに言わずと知れたクイキャス必須な感じになる

《氷》
正直自家発電な火力だけなら3か4でいい、むしろ3の30秒でいい
そんな気がします
慣れたPTMでクリオ系が居てくれると
『おかわりIW』を置いてくれますが
実はプレッシャーの射程が短い事を知らずに
範囲外に並べられる事も多いし
結局その方も向きを合わせないと行けなくなるので
PTとしての手数は落ちてしまう事から
あんまり考えなくていいと思う

《正義》
使うならMAX推奨
PTMに敵を集約してくれるスキル持ちとか
釣り場所を調整してくれる人達が居るなら活きるスキル
こちらも同じくクイキャス無いと使い勝手は檄悪です

《保護》
支援型として生きる気ならばMAX推奨
ただ今の狩り主体なゲーム性から見ると
5ポイント殺すって覚悟を持って振る事

《巨人》
正直これについては未知数
試しに1振ってみる?ぐらいな気持ちですが
MAP埋めで強引に走りたい時とか使えそうとか
そんな事も考えたりした事もあります

最近よく発生するルーンの不発について

詠唱バーMAXでも発動しない事がここ最近多かったのだが
キャラが黄色く光るまでは詠唱が終わっていても発動しない事が判明
これってクイキャスの意味無くね?とか思ってみたものの
早い時は早いので、恐らく一種のバグ扱いかと思う
ボス評価といい結構バグが多いのもこの職の醍醐味

ルンキャスに至るまでのビルドの話は
賛否両論で一概には語れないのが難しいところ

自分はクイキャス有りきになるのでWizC3>クリオC1>キノC1経由推し派
少し前に軽くイラっとした方はWizC1>クリオC3>キノC1推し派

どちらも氷を想定したタイプな事は一緒
違いは環境の差

安定したPT環境下なら下の方が瞬間的な火力は出るが
中断されるとクリオスキルで頑張る事になる
天敵は中断と詠唱

気軽にフラットなのが上の方
止められたら止められたで他やりゃいい
戦闘中でもそこそこ詠唱出来るのが利点
クリオ3の利便スキルが無い分詠唱系に特化してると
そういう強みはあるが
IWプレッシャーコンボが長時間出来る環境下だと
クリオ3タイプの方が爽快感は高いでしょう
後、最低限【オードラ】無いと微妙になるので
オードラやハミングバードジェムを準備する手間は惜しまない方がいい

で、自分が次に見ているのは【ウォーロック】
クリオC2には行かないスタンス
ここまでやってるとプチ強いクリオから脱走したくなる
高詠唱高CDスキルの塊になってくると
そういうスキルだらけにしちゃえば、回してるだけでCD開けるんじゃね?
そんな開き直りにも似た発想を抱いてしまう

総括的には
結局こんな器用貧乏キャラ好きなんで
私は楽しいのですが、どうなんでしょうね
爽快感を得たい方には不向きかもしれません
折角長い時間育成してR6以降の戦闘力では無い気がします
あっても局地的な爆発力

同じR6クラスですとウィズエレとか見てると
安定した火力回しで強そうに見えます
ソロ狩りで見てるとリンサラネクロとかね

R6にもなると人の色ってのが出てきて
見合った利便性ってのが出てるのが解りますが
そういう感覚はまだ味わえません
『コスの見た目だけ』しか味わえてません

もぅさっさとR7に行って
早く人間になりた~い…は置いといて…
花咲かせたい
そんな気分ですハイ
 
 
■2ndさん

1stさんの記事に熱入りすぎてデラ長文になってしまっているので
割かし手短に…

晴れてR6へ
お世話になった収監からさようなら
これでアホの子から解放され
使える固定砲台モードを堪能できるのと

『乗って遊べる』

そんな喜びを持ってスキルポチポチ

「いざ…乗って参る…」

…うわぁ…ボススキルつよそ~…
…うわぁ…移動はや~い…
…うわぁ…SPな~い…

何この消費量!?マッハどころの騒ぎじゃないだろ!!
乗って2・3行動したら枯渇とか酷過ぎだろ!!

なんて・・・こった・・・
アホの子から解放されるだけのR6になった瞬間である
蝙蝠飛ばしまでの道のりは険しそうですハイ

後、事件な御話
収監所クエを終わらせに行ったところ
ラスト【ホーパーク】さんを生き埋めにするムービーが流れるんですが
本来穴に落とされるシーンが流れるんですが…
ムービー中にテンプルさんがホーパークに『プスッ』
そして『パーン』…

「え?爆発した?穴落ちずに死んじゃった!?」

それだけでなく…
無残に落ちてる【ケッピーの茎】
おわかりだろうか?あの魔神の正体はケッピーである

あまりに衝撃的過ぎてSS取り損ねたが実話である
お腹抱えてワロタ

って事で今回ココまで(なごなったなぁ…)

シーユー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です