【RO】 また失敗か・・・ 【レポートは増える一方】

ハイどうも

3日間名無しに行けず終いを受けかけた
今日この頃

WSの方もガリ温には恵まれず
やっとの思いでガリ温を2回ほどキャッチできて
81まで育ちましたとさ・・・

これで討伐受けれるね

ところで雑記的なネタも思い浮かばないのですが

以前話題に上げた
ベース狩り支援における
回復力向上装備について

コストパフォーマンスを取り入れた
慈愛セットにミトラの組み合わせで

ディレイに関してはエキスパでフォロー
片方はDリンなりオル手なりって感じにする

こちらの発案

これって慈愛セットだけでサンクは1k出るのかね?

出るなら頭を無理に回復に固執せず
詠唱カットを取り入れてはどうだろうか?

というよりも

固定詠唱カットだけでなく、回復量とMatkが上がる
今まで器用貧乏過ぎて使い勝手が悪いと言われてきた

『 豪華なミニクラウン 』

の存在がココに来てABでも使える装備になるんじゃないだろうか

まぁ、可能性の問題ですけどね

いや
まぁ
それだけの話しですハイ

って事で後半へ
 
  
 
 
 
 
 
3日ぶりに名無しに行けたのでそちらのお話し

1本目は完全に私の動きが悪さが出て23分
カクカクだったのもあるけども

明らかにヌルい走りをした感じがする

何でも無いところで止まったり
スキルチョイスに迷ったり
+αを巻き込まなかったり
追加処置が悪かったり

悪いところだらけのロスだと思える

3日ぶりとかの言い訳はしない
やらかした事は受け止めて精進だね

そして2本目

もはや何度目か解らないぐらいの

【 KE走りの検証 】

知らない方の為に今一度説明しますが
私の釣りはAgi無しタイプだったので
KEやっても即座にバリア回数が上限に達して
KE更新の手間ばかりが増えた為
常時アスムで釣る というスタイルを煮詰め続け

「フリー無しでアスムだとそれこそ足止め喰らって釣りどころじゃなかっただろう?」

という、御モットもなツッコミに対して
足止めの原因を解析し続け

「なら、殲滅時以外触られなければいいのだろう?」

と、根底から改善出来る様に磨いてきた (つもり)
アンティを積んで、いざという時にはインデュ状態で走る

そんな事に対し
けして世には受け入れられない事を
必死に試行錯誤しているのが私です

そんな事をやっている私も
タイムの伸び悩み時期に刺しかかり
ネタ探しや、知らないテクを探す為に
SNSの名無しコミュニティーに参加した訳ですが

そこで世の中の大きさを知る事になる

「ゾンスロクエスト15分切り」

この存在である
不安定な20分切りで満足していた私には
とてもショッキングな事実である

そして20分切りをほぼ安定化させてる方々の
動画を拝見させてもらう事になった訳だが

《ABサイドはKE走り》

こちらの事実を見た時の率直な感想は

「 な ん だ と … ? 」

過去ベース120~Agiを振り始めてからというもの
Agiが上がる度にKE周りを試してみて
ことごとく手間とディレイの存在が
私のストレスを刺激してきただけでなく

《アスム走りよりも2~3分のロスが着いてくる》

結果が『必ず』付きまとったKE走り

そんな事はどーでもいいのだが
名無しAB先輩方の結論も

「煮詰めたらKE走り」

と評価されており
私のやってる事は真逆な事なんじゃないかと
自信喪失

そこで昨夜の2セット目は相方に了承を得て
KE走りを決行

保険の為に魔女帽をかわリボに変えて
下がる詠唱分を料理で補ってみた訳だが

結果は同じ
25分と撃沈

私の意見として

【メリット】
・確かに3セットぐらいなら回復は要らない位楽
・1回りの外周の階段で2セット持ったまま走れる
・回廊6向け出口の釣りは楽

【デメリット】
・部屋のタゲをかき集める時は何かと手間が増えた
・何故かタゲがまとめ切れずにCrRの無駄打ちが増えた
・自衛が忙しくなりグダり時のWLフォローが雑になる
・KE剥げる程抱えた後の回復や支援更新の手間はアスムの倍な気分になる

相方の意見

【メリット】
・ぼっちやショートの2セットぐらいならほぼノーダメで動けてる感じだった

【デメリット】
・後ろや横沸いてWLが足止め喰らった時のフォローが飛んでこなかった
・部屋のタゲ集めるのにサンクが散らされててどれがサイドサンクか解り難かった
・追いついたらABの減りがやばくて追加釣ってるの確認する前にCrR打ってしまう
・上記同じくタゲがまとまる前に打ってしまい無駄打ちが増えてしまう
・後方に回ったネクロとの距離が開きすぎてタゲが外れてこちらに来る事が多かった
・上記のネクロを戻す手間が増えた分ロスが増えてる気がした
・全体的に安定感が無い感じがした

総合的に見るとデメリットが目立つ
まぁこれは私がKE釣りの経験数が圧倒的に低い事から
予想や判断基準のズレから生じる点があるだろう

だが、場所によっての使い勝手は便利と感じた
1回りの階段と回廊出口は本気で楽だった事から

ルート別に使い分けるという
そんな手段に出ようと思えてきた

幸いにも上記2点へ進入する前に
殲滅ポイントを置いてる事から
殲滅時にKEへ切り替えて通過

抜けた先で殲滅
其の時にアスムへシフト
そして開けた場所での釣り再開

ちょいとこちらの手段で
数字を計測してみたいと思います

そして145になりました

後5

ガス吹く前に納得が行く結論を出したいものです

って事で今回ココまで

シーユー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です