【RO】 書く事溜まってたんだZE 【休みクダサイ】

ハイどうも

少しツイッターで気になる事があり
それについて自分がどうだったかを考えたりして
感傷的に浸りつつ

素朴な疑問を抱いた

「一体仕事を楽しんでる人はどれぐらいいて
その楽しい時期はどれぐらい続いてるのだろうか?」

そしてMyデスクのカオス劇場が始まる

わたし「あのさぁ…今の仕事好きでやってる?」

真面目「えぇっ!?」

事務員「あの…今は私だけじゃないので主旨から説明をなされた方が…」

わたし「主旨も何も今回は『まんま』だよ 今の仕事が好きか否か」

真面目「あの…えっと…」

事務員「あのですね…普通の人が上司から言われたら答えられない質問ですねw」

わたし「あ~そっか、上司目の前に『嫌な仕事です』とは言えないか」

事務員「ですよね」

わたし「なら答えに困ってる時点で嫌だって思ってることか」

真面目「え?いえ!そういうわけじゃ!!」

事務員「そうなんですか?」

わたし「どうなの?え?え?どうなの?」

真面目「何と言いますか…自分、仕事に関して好きとか嫌いとか考えた事なくって…」

事務員&わたし「へー」

事務員「専務はどうなんです?」

わたし「そうさなー自分にこんな才能があるなら別の仕事やった方が良かったかな?」
わたし「って思う事が増えたなぁ…まぁ今更リスタート出来ないから余計に思うだけかもしれないけど」
わたし「かといって今の仕事が嫌いなのか?不向きなのか?って考えたけども」
わたし「不向きならここまでなってないだろうし、そんな事思いもせずに」
わたし「周りを見返したいだけに必死で上り詰めてきたから」
わたし「あんま好みの概念はないけど、ここに居る限りは自分の仕事はやりたい」
わたし「ただそれだけかねぇ」

事務員「まぁ…この部署の昔話を聞く限りそうなんでしょうねぇ・・・・・・」

真面目「え?どんな事があったんです?」

事務員「まぁ私がここに配属される前の話ですけども」
事務員「現専務がこの部署に来られた時のことなんですが」
事務員「当時ここの部署の従業員は14名いらっしゃったそうなんです」
事務員「それが2週間で専務1人になっていたって話」

真面目「え?」

わたし「あの時はビックリしたよ」
わたし「この会社の無駄の集大成の根源がこの部署にあったんだからねぇ」
わたし「何かひとつの仕事に対していかに無駄な回り道をし続けるか」
わたし「そんな事だらけな部署だったからねぇ」
わたし「ぶっちゃげ14人いたら非常勤でいいぐらいの仕事量でさ」
わたし「3日で3時間分ぐらいしかないんじゃないの?って思えるぐらいの事を」
わたし「14人がまるまる1日使って残業まで付けてるんだから驚きだよね」
わたし「んで、嫌でも早く終わるように仕向けてやって」
わたし「できねーなら窓際へ特別席用意してやるよってやってたら」
わたし「何て事のない1人で充分出来る仕事量だったんで、全部取り上げたら」
わたし「皆辞めていった ただそれだけだの 人件費丸儲けじゃウシャシャシャ」

真面目「1人で・・・」

わたし「今のココの状況見てさ 14人要ると思うか?」

真面目「いえ…必要ないですね」

わたし「もし私が他業務が無くてココだけの勤務だったら人居ると思うか?」

真面目「正直、要らないですね…」

わたし「○○さん(事務員)と君がココに要る必要性は私が外出したり他業務を行う為に居る」
わたし「必要最低限しか要らないってことだの」

真面目「頑張ります」

わたし「で?好きか否か 答えは見つかったかね?」

真面目「今の話の流れで答えますと、好みよりも専務の期待に答えたいと思いました」

わたし「なるほどね…まぁそうなったら達成感味わえるかもねぇ」
わたし「そういえば○○さん(事務員さん)はどうなのか聞いてなかったね」

事務員「トップシークレットです(苦笑)」

長々と詮索される前にコーヒーを入れに行く事務員さんを見送り
ほんと1番の変わり者は私よりもコノ人なんじゃないかと
そう思えてならない午前中でした

って事で
後半のROの御話し
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
色々ありすぎて何から書くかな…

{ G棚始動の御話し }

この週末程よく人数が集った事から
G棚を決行する事に

構成で色々ありましたが
やはり湾が居ない事から知り合いを漁る事に…

勿論私も探したのですが

「あれ?さっきまで居たのに…」

って事で捕まらず
きっと別キャラで遊んでいたか
呑んでいたに…

(あっでも呑む元気すら無いって言ってたっけか…)

何等かの連絡手段を用意しておこうと思えた瞬間でしたが

見兼ねたG面の1人が重い腰を上げてくれまして
湾ゲット

晴れてG温棚プロジェクトの初陣となりました

・・・が・・・

まぁ数名を除いては

棚経験が少ない人

もしくは

その職業では棚を体験していない人

始まる前から緊張感が伝わってきたりで
中々味わえない空気で

9Fは2PTが既にスタンバイされていたので
9-1で練習しつつ
2か8が空いたら入るって話しでksk発動

そして9-1に陣取るも
入って間もなく釣りを開始する方…

ベースの立ち位置が微妙な状態で
受け入れ体勢が整わない内に釣り帰還

KEも壁魔じゃなく近場にいたメカがバンザイ

『やばいw楽しいwww』

と思いつつ
まず釣りを止めて
立ち位置を直して
KE役にPT欄で支援をする事を説明し

再スタート

ちなみに私は献身で参加
開幕の出来事でアイス150個が消費されていたw

「共闘ってどうやって入れるんだろ?」

と思いつつ
エフェクトオンの世界を堪能

「SGがところどころで出てないね…」

KE役の詠唱を拝見すると
ほぼガチ連

「KEリズム少し落としてね SG出てないよ~」

と助言

実際拳聖に献身付けるかどうかの打ち合わせもしたけど
入れなくて良かったと思える感じでしたね

拳聖転ぶ状況多かったですし
何気に危ないシーン多かったですからw

そしてアクシデントが発生
釣りを起しに行ったABが出先で転ぶ事故発生

釣り同士で起こすのが難しかったみたいで
ABが起しに向かったのですが
連れが無かったみたいで…

で…

釣りが起こす感じの会話が出て来ない
メカも行く気配が無い

ABはKEで手一杯

兎に角全体支援が居ないと危ないベース

四の五の語る前に飛び出した私
(実はやったらアカン行動ですよ)

何とか戻りましたが
全員に怒られるw

まぁ当然ですよねw

後半に差し掛かると
皆慣れてきた感じでしたが
棚経験者から見ると
どことなく不安との隣り合わせな感じが消えてなかったみたいで

「まぁ1なら釣りが来る方向が一方方向だから安定してるとこもある」

ごもっともです

途中8が空くも
今回は1で練習を徹底

徐々に慣れていこうと言うのが
今後のG棚の目標になった日でしたねw

個人的な感想としては
充分楽しいと思えた棚でした
まぁ効率よりも実戦投入が主な主旨ですしね

人数揃えるのに今後は前もって日程を決めておくと善いと思います

G棚のくだりココまで」」

{ ふぃず子114 }

113になってお茶を啜ってるのも束の間
名無しに呼ばれる⇒棚に呼ばれる⇒113可能な棚に脊髄的条件反射で入る

114になって棚完全卒業コースへ
@1回はギリギリ行けそう…

そして深夜組と圏外へ…

ってことでぇ

御題変更

{ 深夜組みの下限底上げ計画発足 }

ふぃず子116まで止まらない宣言したからには
止まりたくないのが本音

ならば活動のメインになりつつある深夜組みとのLv帯問題は
早期に解決必要があるのだ…

なーらーば

上げちまえばOK

深夜組みの冠をG棚で底上げして
上がりきらなかったJOBを70まで
らいむを使いまわして名無しで強引に引っ張り
民完成

そしてベース98の後半
1名無しで99じゃな…

フフ…フフフフフフ…

ペジテ兵 「走り出したら…誰にも止められないんじゃ…」

底上げ計画のくだりココまで」」

{ ふぃず子ペア名無し再開 }

前が居ないと動けないってのも
我侭言ってたら動けないまま仕舞いなので
いい加減一歩前へ出てみる事に

明らかに段取りが悪いというか
止まってる時間が多すぎる

支援スキルの更新タイミングを見直す必要性がある

被ダメ的には4セットまでは殲滅まで持てるが
横沸きに対しての段取りが悪い

SWより先にWLが動く事想定して
サンクでタゲを取る事に専念するか
WL止まったままでSW設置の反応を上げるか

ここの噛み合わせを念入りにしておかないと
グダってる間にAB側が限界を超えて転ぶ

後は位置ズレ時の対処法だ
位置ズレを起こさない様にしなければ
SWでの緊急回避も効果が得られない

単純に場数の問題である程度解消はされるだろうが
其の為に付き合わされる人に申し訳なさを感じずにはいられない

あぁ
因みにV肩とD肩の比較を
V肩を借りて行ってみたが

Agi1の状態だと、正直どっちもどっちだと思えたのが本音
ある程度フリー確保できてるならV肩
フリー皆無ならMHPと被ダメ5%のD肩

こんな感じを受けた比較実験でした

ペア名無しのくだりココまで」」

{ 愛しさの欠片のはなし }

もう幾度と無く語ってきたこの話題
実際に配布されて、恐らく今回が最後になるだろう

率直に言えば

「支援なら必要ない っていうか むしろ要らない」

HWHBとセットで使っても
複数人と移動狩りで使えばSPが枯れる

ペアだとどうしても耐久を重んじる為
セット効果では使えないのでSP消費ペナが重くのしかかり
どっちにしても枯れる

結論

「ベース支援でS4U無いと無意味、つーかあっても微妙」

このブログを愛読されてる方なら
幾度と無く私がSP問題でHAGEる寸前まで頭を抱え
その都度様々な実験を行ってきたのは承知して貰えてると思う

それでコレだ…

もはや9月で値下がり始めたフェンDリンを
底値の時期にと言ってもかなり無理して買い戻した自分に
最高のご褒美を与えてやりたい気分になった

廃Lvにならんと
支援での使い道に希望が見えない

それが欠片だ…

が!!

皿で実験
勿論ウハウハで使える

SP問題だとぅ!?
んなもんドブにでも捨てちまえ!!

早いPW
持ち替え不要なソロ狩り
ベース狩りでのHWHBセット効果でさらにテンションMAX

アヒャヒャヒャヒャヒャ

次にWLさんに着けてもらって狩りに出かける

「便利すぐる」

ほほーぅ

んで
意外な使い方を実戦投入

確かに前に書いたが
半分冗談だったんだが…

G棚時に献身で咥えて行って
Wウアーつけっぱで
オル服じゃない鎧で行ってみた

「ア・・・地味に便利ね・・・コレ・・・」

って事はジェネでADSでも使えるっぽいね


後ですね
フェンと同時に着けるとバグか仕様か
詠唱中断されますので
気をつけてくださいね(もってるだけでダメなのかな?)

実験の最中に起こった
ミステリーでした

欠片のくだりココまで」」

うわぁ…
前座長すぎたわぁ…

って事で今日はココまで

シーユー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です